女性でも通いやすい

Common drugs

性器クラミジアは、性器とその周辺にかゆみや痛みを伴うことの多い性感染症です。けれども、自覚症状が現れない場合もあるので注意が必要です。女性の場合は、カンジダと症状が似ているため間違われやすいのですが、クラミジアの場合はカンジダと異なり市販薬がないため治療をするには、婦人科を受診するのが最善でしょう。早期に発見治療することで重症化を防ぐことができます。また、パートナーへのクラミジア感染も防ぐことができます。医療機関を受診する際は、保険診療となるため1回の通院あたり数千円の負担で済ませることができるでしょう。婦人科ならば、さまざまな人が通っているため、一見して性感染症とは知られないのもメリットです。また、医療機関を受診しづらい場合は、ネット通販でも購入できる検査キットを利用するという方法もあります。

クラミジアの治療は性病科でもできますが、婦人科ならば女性のみの受診のため通いやすいでしょう。また、治療薬は医師の指導のもと国に認可された薬が投薬されるので、安心して治療をすすめることができます。医療機関を受診する以外でカンジダ治療薬を入手するには、個人輸入という方法があります。この場合は、自分自身の責任において、薬を購入し服用することになります。そのため、薬の成分や安全性をきちんと確認して、信頼できるショップから購入することが大切です。また、服用に際しては、用法用量をしっかりと確認することも大切です。薬自体は輸入品のため、日本語の表記がない場合もあります。ショップのホームページ等で確認しておくと良いでしょう。