恥ずかしい思いをしない

imported drugs

恥ずかしい病気のクラミジア感染症は、感染しないためにも予防をしていかなければいけません。予防するために必要としているのが、避妊具の使用です。クラジミアはどこでも増殖するわけではなくて、体内に入り込むと増殖します。その為、体内に入り込まないような状況を作り出さなければいけませんので、相手の体液が自分に入り込むことを防ぐ必要があります。防げる方法になるのが、避妊具のコンドームです。コンドームは、妊娠しないためにも体液交換を不可能にする避妊具なため、感染する可能性を大きく下げてくれます。100%体液交換を防げるわけではありませんので、完全予防を可能とているわけではないけれども、クラミジア感染症の予防が可能になります。

コンドームを使用すればクラミジア感染症の予防ができるけれども、しかし妊活している時はコンドーム使用ができません。その時はどうすれば予防できるのかですが、妊活をする前に検査することです。クラミジア感染症は、性交渉以外で感染することがないと言われているほど他の原因で感染することが低いです。お互いにクラミジアを持っていなければ感染する可能性が大きく減りますので、妊活する前に検査する必要があります。ただ、不特定多数と性交渉してしまうのは、いくら自分が検査していても無意味です。特定の相手だけと性交渉するようにすることが最も大事なことなので覚えておきましょう。また、クラミジア感染症になっていたと分かったら感染を増やさないためにも必ず性交渉した相手に報告することも必要です。