pills and leaves
  • 恥ずかしい思いをしない

    imported drugs

    恥ずかしい病気のクラミジア感染症は、感染しないためにも予防をしていかなければいけません。予防するために必要としているのが、避妊具の使用です。クラミジア感染症の予防が可能になります。

    Read more

気になったら検査しよう

medicine and health

手術をしなくても改善ができるクラミジアの治療なら費用が薬を買うだけで済む場合も多いので、安く済ませることができます。

クラミジアは性感染症の一種で、性器や咽頭などに痛みや腫れ、違和感や不快感といった症状が現れます。若い世代で患者数が増加している性感染症で、放っておくと不妊症や子宮外妊娠などの原因にもなります。治療には抗生物質が用いられ、症状に合わせて処方されます。症状が重くない一般的なクラミジアの場合、ジスロマックでの治療を行うことが多く見られます。ジスマロックは1回服用するだけで一週間効果が持続する薬で、飲み忘れの心配が少ないのが特徴です。胃腸が弱く下痢などを起こしやすい場合、3日間に分けて飲むこともできます。クラミジアの治療は保険適用が可能なので、婦人科や泌尿器科などのクリニックで診察を受ければ、薬を安く購入できます。

クラミジアが疑われる場合、病院で尿や分泌物を採取し、クラミジアが存在しているかどうか検査を行います。検査で感染が確認されたら、薬による治療を行います。腹膜や肝臓までクラミジアが侵入している場合や、強い症状が出ている場合など、3日から5日程度、点滴治療を行って症状を抑えてから投薬治療を開始します。一定の期間が過ぎたら再検査を行い、陰性であれば治療を終了しますが、3週間から4週間程度経過した後にもう一度検査を行うとより確実です。完治してしまえばクラミジアが死滅したことになり、再発することはありませんが、再び感染する可能性はあるので、十分に注意が必要です。また、パートナーに感染していることも多いので、一緒に検査を受けておく必要があります。

女性でも通いやすい

Common drugs

クラミジアの治療は性病科でもできますが、婦人科ならば女性のみの受診のため通いやすいでしょう。また、治療薬は医師の指導のもと国に認可された薬が投薬されるので、安心して治療をすすめることができます。

Read more

自覚がないのが危険である

guidance of doctors

自覚症状がなければ放置しても問題なしと感じてしまうけれども、それは良くありません。確かに自覚症状さえなければ日常生活する上で問題が発生しませんので、治療の必要なしと感じます。

Read more